二代目 和風総本家(テレビ東京系列) にて、「皇室を支える職人たち」を テーマにミネルバが特集されました

メディア レストア
2018/11/22

“宮内庁御用達”…宮内庁に商品などを納入する業者・商品のことで明治24年に始まった制度。
今は廃止となっているが、そのゆかりの品々には皇室が長年愛用してきた信頼と品質がある。
そんな皇室ゆかりの品々を作り、伝統を守り続ける職人たちのニッポンが誇る最高峰の技と想いに迫る。

2008年には信任状捧呈式などで使用される儀装馬車の修復も行った職人たちであるミネルバが、宮中晩さん会などで使用される宮殿「豊明殿」の椅子を製作するところに密着頂きました。