CURIOSITYスタジオ設立20周年記念イベントで「CANVAS CHAIR」の製作に携わりました。

2019/02/28

アートとオブジェの境界線はとても繊細、そして、その変化が起こるのは、ほんの一瞬。

土屋秋恆氏とともにここで創るのは、その瞬間を表現したもの。

キャンバスがアーティストに与える、情熱やビジョンを表す完全なる自由。

それと同じくして、アートピースが与える命。

一つの動きにより機能が現れ、実用的な物体に姿を変えるキャンバスは、高い技術力を誇るプレミアム家具メーカー「ミネルバ」のモデラー宮本しげる氏の力で実現したものです。

この作品で伝えたかったのは、我々がアート作品に出会う際の感情を、全ての機能あるモノに抱かせ価値を与えるということです。一目では機能に気づかせない、という考え方は、私たちの心を開き、新しい体験へと導いてくれます。

CURIOSITY × MINERVA 特設サイト

製作風景

私たちは、キュリオシティのグエナエル・ニコラ氏が長年アイディアをあたためてきた「CANVAS CHAIR」の製作に携わりました。