私たちは「製品企画開発共創企業」であり「空間創造共創企業」です 私たちは良いものを長くお使い頂く、SDGsの「つくる責任つかう責任」に積極的に取り組んでいます

松殿山荘 2019年12月

文化財及び準文化財修復 レストア

ソファの張替え

alt="松殿山荘"

【重要文化財】松殿山荘(京都府宇治市)

alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"

松殿山荘は,宇治市東方の丘陵に所在する。この地を取得した高谷恒太郎が,茶道の普及を目的に,大正8年から昭和9年にかけて茶室を中心とする様々な建築群を整えた。

広大な敷地の中央に建つ本館は,庭園に面して大書院棟や中書院棟などを並べた大規模建築で,本館の周囲には大小の茶室群などを配置する。いずれの建物も,高谷の説く方円思想における象徴的図形である方形と円形を用いた独創的な意匠でまとめており,独自の茶の湯の空間を創出している。

松殿山荘は,極めて高い建築技術によって施主の思想が具現化され,独創的かつ優れた形式と意匠を実現した,類まれな近代和風建築である。書院式茶道の広間の振興と,茶室の改良と近代化を目指した遺構として,近代茶道史上,高い価値が認められる。

重要文化財(国指定)

12棟の建造物は2017年度重要文化財指定。
松殿山荘 12棟

本館(東書院棟、西書院棟、中書院棟、大書院棟、天五楼棟からなる)
(附:土塀3棟(西書院・南蔵間、南蔵・中玄関間、大玄関西))
北蔵
南蔵
蓮斎(附:渡廊下及び大腰掛)
撫松庵(附:露地門、腰掛、雪隠)春秋亭(附:土塀2棟(東方、西方))
檆松庵(さんしょうあん)
(1字目の漢字は木偏の右に「炎」、その右に「占」)(附:露地門)
聖賢堂(聖堂・賢堂からなる)(附:土塀1棟)
仙霊学舎
修礼講堂及び事務所(附:手荷物預かり所)
宝庫
大門(おおもん)(附:便所)
(以下、附指定物件)
天満宮社
旧宅
旧宅土蔵
附属屋

alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"

松殿山荘のある場所は、平安末期の関白・藤原基房(もとふさ)(松殿(まつどの)基房)の別邸跡とされる。茶道「山荘流」の流祖・高谷宗範(たかやそうはん)が1918(大正7)年に土地を購入し、自らの設計で十数年かけて完成させた。
大書院など四つの書院の棟と天五楼棟からなる本館、円形の池の上に立つ「蓮斎(れんさい)」、円堂と角堂で構成される「聖賢堂」などが、約12万平方メートルの広大な敷地に点在する。「心は円満にまるく、行いは正しく四角く」という宗範の方円思想に根ざし、至る所に円と四角を組み合わせた造形が見られる。

alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"

現地調査

alt="松殿山荘"

一人がけ、二人掛けとも素晴らしい意匠を決定背もたれ部分、ひじ掛け部分の籐の編み込みが大きく破損

alt="松殿山荘"

高度な職人技の手織りで,二重張りで編み込まれた籐の背もたれ部分

alt="松殿山荘"

背部分の破損

alt="松殿山荘"

ひじ掛け部分の破損

alt="松殿山荘"

機械織では再現できない大正時代の風合にする為、最高レベルの手織り二重張りの修復とする

重要文化財時代考証をしての歴史的な修復という事で、宮本しげる社長、茂紀会長が、京都府宇治市へ現地調査へ赴く。

alt="松殿山荘"

本来の応接室より和室に移動され設置されていたれていた応接セット

alt="松殿山荘"

重要文化財創建当時の状態に復元するため平岡代表理事と宮本しげる社長、茂紀会長の打ち合わせ

alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"

張地の経年劣化、クッション部分の痛みの激しい1台は倉庫に収納されていた

大正時代当時の素材で再現するためのクッション素材の見極めをする
(宮本茂紀会長)

プレミアムレストア 二人掛けソファ
alt="松殿山荘"

BEFORE

alt="松殿山荘"

AFTER

籐背もたれ部分大正時代に技法で修復100年近い使用で劣化した塗装を当時の色で再現再塗装。
クッションは、現在の使用に耐えられるように最新の技術で対応しつつ往時を再現張地は、残存していた張地より、当時のものに近い質感・色彩のもので張り替え。

alt="松殿山荘"

プレミアムレストア 一人掛けソファ
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"
alt="松殿山荘"

BEFORE

AFTER

籐背もたれ部分大正時代に技法で修復
100年近い使用で劣化した塗装を当時の色で再現再塗装。
クッションは、現在の使用に耐えられるように最新の技術で対応しつつ往時を再現張地は、残存していた張地より、当時のものに近い質感・色彩のもので張り替え。
一度張り替え修復されていた際に、簡易的な修復となっていたものを。二人掛けソファに合わせて鋲うちの本来の修復を行う。

完成・設置

alt="松殿山荘"

重要文化財、松殿山荘の素晴らしい素材・意匠のインテリアでデザインされた応接スペースに設置していただきました。

alt="松殿山荘"

大正創建時の往時を彷彿させられる存在感のある二人掛けソファ

alt="松殿山荘"

職人技の鋲うちと籐の張り替え、ディティールの再現

完成した椅子に広岡代表理事に座っていただきその出来栄え大正時代の創建当時の座り心地にご満足いただきました。

– Link –リンク