MINERVA

PICKUPピックアップ

白洲次郎さんとの出会い

Episode1 -白洲次郎さんとの出会い

~宮本茂紀インタビュー 雑誌「室内」(1999年) memories of Jiro S.より~

今から30年くらい前になるでしょうか。
私は椅子を作る職人ですが、当時、白洲さんが会長を務めていた大沢商会での仕事もさせていただいていました。
忘れもしません。
84年2月に大沢商会が倒産したその翌日、白洲さんから電話をいただき「宮本君、お茶を飲みに来い」と誘われました。
鶴川のご自宅に伺ったその帰り、白洲さんは、ご自分が戦後すぐにもらったという床柱と、「これで一杯飲め」と10万円を下さったんです。

感激しました。
それまで正子夫人ともよく木について話をしていたこともあって、「これは宮本君しか大事にしてくれないから」と、大切に包んであった床柱を私に授けて下さったんです。
そして帰る道すがら、正子さんが竹の話をされていたことを思い出し、道筋の籠屋に寄って、いただいた10万円から記念に背負い籠を買いました。
いい手のもので、今でも机の脇に置いて屑篭に重宝しています。

白洲さんの家の細々としたことも、ちょくちょくお手伝いさせていただきました。
ある時は「2階の寝室を真っ暗にしてくれ」。
カーテンから光が漏れると眠れないんだ、とおっしゃっていましたね。
階段の手摺りも、木ではなく「ロープがいい」 と。
「ロープじゃ滑るじゃないですか」と言ったら「何とかしろ」。
それでロープを縛ってコブをたくさん作ったらどうだ、ということになりました。
私たちからすると手摺りは降りる時に滑ってはいけないと考えるんですが、白洲さんは下でお酒を飲 んで昇って行く時に掴まりやすいもの、ということで考えていたんでしょうね。

  • WEBカタログ

    白州次郎さんから頂いたメープルの床柱

  • 1982年雑誌AD連載当時の白洲正子さんと木を語る

    1982年雑誌AD連載当時の白洲正子さんと木を語る

  • 旧白洲邸「武相荘」ボスコ
  • 旧白洲邸「武相荘」ボスコ

    白洲正子さんにプレゼントしたタガヤサンのボスコは今でも東京都町田市の旧白洲邸「武相荘」でみることができる

洋酒を入れるサイドボードを頼まれたこともありました。
私がチーク材で作り上げて、瓶を並べながら「こうして酒瓶を眺めながら飲むのは、いいものですね」なんて言ったら、「バカなこと言うもんじゃない。酒は飲むものだ」「どれでもいいから、飲め」。
とは言われてもまだ封も切っていない高価そうなものばかり。
困りました。
それでしょうがなく見たこともないギザギザの形の瓶を選んで「会長、これどうですか」と訊いたら、「味をみなくちゃダメだ」。
後から人に聞いたら、とても高い酒で職人の1ヶ月の給料分だなんて脅かされました。
いやあ、大変なの開けてしまったんだなと(笑)。
飲んだ時の味ですか?よくわからなかったな(笑)。

いろいろ面白いことがありましたよ。
庭にある柿の木に私を登らせて、「あそこのが旨いぞ」。
私も実家では柑橘類を育てているので、どこら辺の枝にどうなっているのが甘いか大体見当がつくんです。
それを「いや、そうじゃない。もっとこっちだ」なんていろいろ指示するんです(笑)。
「じゃあ会長も食べたらどうですか」と言うと、「いや、わしはいいんだ」(笑)。
まだ小さかった息子を連れて、筍掘りにも行かせていただきました。

私はさまざまな木材を集めて使ったり、研究したりしていることもあって、正子さんとお話が盛り上がることが多かったのですが、白洲さんも木の細工や加工のことについて、とてもご興味を持たれていました。
やっぱりご自分で作ったりされるのが大好きでしたからでしょうね。
私が使った木の端材を小さな板にして何枚か差し上げたこともありました。

白洲さんの大工仕事は、合理的だったと思います。
たとえば椅子や台に、よくキャスターを付けてらっしゃいましたが、楽に移動させられるという面で合理的な考えなんです。
もっとも私は、キャスターは見えないように付けたい、と思うわけですが。
そんなことを言ったら、白洲さんに「いいんだ」と言われてしまったことを憶えています。

  • 修復後 修復後
    修復後(左図)

    見事に再生させた白洲邸のダイニングセット。庭の奥行きは650mm近くあり、ひとり掛け4脚にふたり賭けソファーがひとつという構成だった。

  • 修復前
    修復前(左図)

    こちらが再生前の状態。吉田茂元首相が白洲次郎氏より借りて使っていたというもの。
    生前、白洲氏はこの椅子の張り替えを絶対に許さなかったという。

今、白洲さんのソファの修理を手掛けています。
正子さんのお父さんが昔イギリスで買って吉田茂元首相に差し上げ、吉田さんが亡くなって鶴川に返していただいたという、あの革張りのソファです。
鶴川に戻ってきた当時からすでにかなり傷んでおり、穴だらけでしたので、私が「これは革を張り替えなくてはだめですよ」と言うと、「馬鹿なこと言うな。吉田さんの手垢がちゃんと残ってるんだ。大事にしろ」と怒られてしまいました。
「何とか中身が見えないようにしろ」と言われるので、全体の張り替えをせずに破れた部分を補修しました。
あれから20年近く経ちますが、よくもったものです。

白洲さんが大切にしていたソファ、今度こそ革を張り替え、土台から改修しなくてはなりませんが、100年以上前に生まれた時の、その元の形に、蘇らせたいと思います。

  • 修復 修復

    内側をすべて修理した後、肘束と座枠に革を張って確認しなが作業を進める。
    その手間は新品の椅子を作るよりもかかる。

    • 1982年雑誌AD連載当時の白洲正子さんと木を語る

      背を裏から見たところ。伝統的なコイルスプリングを使った製法は、おそらく昭和の初期にイギリスで製作されたものと思われる。

    • 旧白洲邸「武相荘」ボスコ

      当時ヨーロッパの椅子は、座枠の縁などは見かけの美しさよりも座ったときの当たりの感触を重視していたという。

    • 旧白洲邸「武相荘」ボスコ

      座面の上には、しっかりとしたクッション材が敷かれる。

Episode2 -白洲次郎氏がマッカーサーに贈った椅子

吉田茂元首相の側近としてGHQ連合国軍最高司令官であるダグラス・マッカーサー元帥と渡り合ったことで知られる白洲氏ですが、1947年そのマッカーサー元帥に贈った自らがデザインした椅子が存在しています。
GHQ最高司令官を表す五つ星。
座面は非常に低く、低い目線で日本を眺めて欲しかったのではないかとの推察があった椅子ですが、今はアメリカのマッカーサー記念館に所蔵されてます。
2009年に一度日本に里帰りし、福岡アジア美術館にて日本初公開しました。
展示会の後、白洲次郎氏のご令嬢様より、この椅子のレプリカを制作して欲しいとのご依頼を受けました。

レプリカの制作にて、材料は”ケヤキ”の無垢材のみを使用しており、組み手の技術が使われているのですが、ケヤキの反りやすい性質を考慮して、材料が動いても割れないように工夫されています。これはケヤキという素材を熟知した熟練した職人の技の上に成り立つ作品となっています。

近年、このような素晴らしい材料も手に入りにくくなっていますが、そのこと以上にこのような技術を理解した設計者と職人が少なくなっていることを、この椅子を通して痛切に感じてしまいます。

  • レプリカの制作
  • レプリカの制作
  • レプリカの制作
  • レプリカの制作
  • レプリカの制作
  • レプリカの制作

組み手のディテイルがとても愛らしい椅子です。

2009年10月15日
レプリカ制作完成。東京都町田市の旧白洲邸「武相荘」でみることができる。

  • 福岡アジア美術館にて

    福岡アジア美術館にて日本初公開(期間:2009年3月7日(土)〜2009年5月10日(日))

  • マッカーサーに贈った椅子
  • マッカーサーに贈った椅子

    2009年5月25日
    白洲次郎氏のご令嬢様より、レプリカの制作ご依頼を受け、実物から寸法を測らせて頂きました。