MINERVA

ミネルバの職人

日本人初の「家具モデラー」宮本茂紀

家具の世界をリードするイタリアには「技術者」という職業がとても重要とされています。イメージやデザインと技術を結びつけるための要となるのが技術者。
この技術者を「モデラー」と呼びます。
創業者の宮本茂紀は、日本ではほとんど知られていなかった職業であるこの「モデラー」の第一人者として、現代の日本のデザイン界を代表するデザイナー諸氏、建築家諸氏の依頼により、意図するものの試作実現を手掛け、その職域の浸透と確立に力を注いできました。
その結果、厚生労働省の卓越技能章や、黄綬褒章など数々の輝かしい章を受章。現在では第一線で活躍しながら、その意思を若い職人に受け継いでいます。

卓越技能章 【現代の名工】とは

厚生労働大臣が技能者表彰審査委員の意見を基に、優れた技能者へ送られる賞です。
授与される者は「きわめてすぐれた技能を有する者」、「現に表彰に係る技能を要する職業に従事している者」、「技能を通じて労働者の福祉の増進及び産業の発展に寄与した者」、「他の技能者の模範と認められる者」の4つの要件を充たすことが前提とされていて、受賞者は【現代の名工】と呼ばれます。

黄綬褒章とは

褒章とは、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者に対して天皇から授与される名誉ある章です。
各分野ごとに紅綬褒章、緑綬褒章、黄綬褒章、紫綬褒章、藍綬褒章、紺綬褒章の6種類があり、それぞれ各府省等の推薦に基づき審査で選ばれた者のみが受章します。
創業者の宮本茂紀は2007年、「業務に精励し衆民の模範たるべき者」として黄綬褒章を受章致しました。

株式会社ミネルバ 創業者 宮本茂紀

株式会社ミネルバ 創業者宮本茂紀

各分野のプロフェッショナルが揃う職人集団

ミネルバは、「椅子張り技能士」や「木工技能士」など国家資格取得者をはじめとした、各分野のプロフェッショナルが揃う職人集団です。職人が作る家具の製作には、実に多くの作業工程と、職人達の技と誇りが詰まっています。